アフターコロナ徹底攻略【 人事労務編 】

Thorough Measures After Corona
人事労務において、
今後取り組むべきことを見据えましょう
新型コロナウイルスによる影響は計り知れません。緊急事態宣言は解除となりましたが、油断できない状況です。また、コロナがおさまったとしても新たな感染症が広まることも出てくるでしょう。今できる事を見据えて、今後に向けて対策していくことが重要になってきます。
できるところから、IT活用
大企業を中心にテレワーク化(在宅勤務)が進んでいますが、今まで当たり前だと思ってきた概念やビジネスの仕方が大きく変わっていくことでしょう。しかし、メールはある程度活用されるようになったものの、効果的にITやインターネットをビジネスに活用できておらず、急激な変化にどこから手をつけたらいいかと悩まれていらっしゃるのではないでしょうか。

弊社では、自社での経験を踏まえ、取り組みやすくよりIT活用の効果を実感いただけるサービスの導入サポートを行なっております。
まずは、できるところから
テレワークの規定の導入
事務手続きの電子申請化
タイムカードのクラウド化
給与計算のクラウド化
フルオーダーメイドではなく、
既存のサービスを活用しましょう
新しいことに取り組むためには、まずは自社がどういうルールで運用されているのか、なぜそのような運用を行なっているのか等、現状を把握する必要があります。これは働き方改革にも通じる内容です。よほど明確なルールで運用していない限り、現状のままIT活用をすることは容易ではありません。また、現状のままIT化してしまうと、フルオーダーメイドで作り上げなければならなくなり、莫大な費用がかかってしまいます。すでによりよいサービスがあるのですから、これを機に社内規定や運用ルールを見直し、アフターコロナ時代にあったものに変えていかれることをお勧めいたします。
在宅でも、
事務手続きや給与計算が行えます
正確な勤怠データを簡単に収集・集計することが可能になり、リアルタイムで管理や人件費計算が可能です。連携する給与ソフトを利用することで、指一本で勤怠データののせかえが可能となります。事務手続きをオンライン化することで、役所に出向いたり、出直したりという手間と時間が不要となります。
クラウドサービスなら、
パソコン環境に依存しません
PCが壊れた場合、別のPCで、また外出先でタブレットやスマホを利用してなど、IDとパスワードさえあれば、データ通信可能な端末ですぐに業務が開始できます。
WEB明細サービス利用で。
出社の必要がありません
給与明細を手渡ししている場合、在宅勤務になった場合メールで送るのはセキュリティが心配という声がありました。WEB明細サービスを利用されると、毎月の給与明細だけでなく、無くしてしまった給与明細を確認したり、コンビニで印刷することも可能です。
ITの活用に合わせ、
規定の見直しも行いましょう
便利なサービスは多くありますが、運用にあたっては、就業規則や賃金規定の変更が必要となることもあります。ツール、ソフトの導入だけでなく、運用までサポートさせて頂きます。
こういう未来が実現します!
ITを利用することで、業務改善が進み、残業0、有給休暇100%消化、生産性向上も可能です。 今までの時代は、自分を犠牲にして家族やプライベートを犠牲にして会社の為に頑張る人が重宝されてきましたが、これからの時代は、自分を大切に、家族を大事に、なおかつ仕事は効率よく頑張る人が標準化します。
価格表
項目 名称 価格 備考
クラウド化 タイムカード 1,000円/人 最低金額は50,000円
給与計算 1,000円/人 最低金額は50,000円
電子申請化 事務手続き 50,000円/式 印刷代など実費は除く
規定の整備 テレワーク規定作成支援 50,000円/式